media archive

ワンクリックでオブジェクトの形が選択できる!Photoshopの便利な選択方法!

本記事の環境
OS
Mac OS
対応Photoshop ver.
CC2020、2019

本記事の内容
非表示

ワンクリックでオブジェクトの形を選択する方法

例えば、下記のような切り抜き画像があったとすると、

背景が透明な画像

レイヤーサムネールをMacはcommand、Winはctrlを押しながらクリックすると、

レイヤーパネル:レイヤーサムネール

透明部分以外のところの選択範囲を一瞬で作ることができます。

作成された選択範囲

半透明になっている部分も、ちゃんと半透明の選択範囲が作られます。
これを知っておくと、意外と色々な所で役に立ちます。

また、レイヤーマスクやアルファチャンネルがある場合、

【レイヤーマスク】

レイヤーパネル:レイヤーマスクサムネール

【アルファチャンネル】

チャンネルパネル:チャンネルサムネール

レイヤーマスクならレイヤーマスクサムネール、チャンネルならチャンネルサムネールのグレースケール画像を、Macはcommand、Winはctrlを押しながらクリックすると、白い部分の選択範囲を取ることができます。
グレー(半透明)になっている部分も、ちゃんとグレー(半透明)の選択範囲が作られます。

これを知っておくと、複雑なレイヤーマスクを作る時など、レタッチのときに役に立ちますので、ぜひ使ってみてください。

最後に

選択範囲の基本については、Photoshopの選択範囲の基礎を知ろう!をご覧ください。
マスクについては、レイヤーマスク/ベクトルマスク/クリッピングマスク|Photoshopでの3種類のマスクの使い方をご覧ください。
チャンネルについては、Photoshopのチャンネルについて知ろう!をご覧ください。

デザインカンプの作り方が解説してある本

レタッチ・加工でオススメの本

ホームページの制作、Webデザインから、
パンフレットやチラシなど紙媒体の制作、グラフィックデザインまで、
制作のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
TOP