MEDIA ARTICLE

チャンネルについて知ろう!

チャンネルについて知ろうアイキャッチ
本記事の環境
OS
Mac OS
Photoshop versioin
CC2019(ver.20)
本記事の内容

チャンネルとは?

チャンネルとは、画像そのもの以外の補助的な情報が保存されたグレースケール画像のことです。
チャンネルを利用することで、複雑な切り抜きができたり、画像加工する時に加工したくない保護領域を作れるなど、知っておくとかなり役に立つ機能の1つだと思います。

チャンネルには

  • カラー情報チャンネル
  • アルファチャンネル
  • スポットカラーチャンネル

の3種類があるので、それぞれ具体的に見てみましょう。

【チャンネルパネル】

チャンネルパネルの説明

カラー情報チャンネルについて

カラー情報チャンネルとは

カラー情報チャンネルとは、画像の色情報を、それぞれの色ごとに分解したチャンネルのことです。
ここではRGBで説明しますが、CMYKも同様です。

RGB画像であれば、

  • R(レッド)の色情報
  • G(グリーン)の色情報
  • B(ブルー)の色情報

の3つのチャンネルができます。

また、色情報を分解していない普通の状態の画像は「合成チャンネル」として一番上に表示されます。

【合成チャンネル】

合成チャンネルの画像

【レッドチャンネル】

レッドチャンネルの画像

【グリーンチャンネル】

グリーンチャンネルの画像

【ブルーチャンネル】

ブルーチャンネルの画像

ここで、この白黒の画像が何を表しているのか?ですが、簡単に言うと、白い所ほどその色情報がたくさんあり、黒い所ほどその色情報がないことを表しています。
上の写真で言えば、レッドチャンネルが分かりやすいのですが(画像のスライダを左右に動かせます)、

【レッドチャンネル】

合成チャンネルレッドチャンネル

背景がブルー系でレッドの要素がないため、レッドチャンネルの背景は、「レッドの色情報がない=黒」となっています。
より詳しく知りたい方は、下記の補足:画像データの色情報についてをご覧ください。

補足:画像データの色情報について

画像データは下図のように、1つ1つの、ピクセルと呼ばれる正方形の集まりでできています。

ピクセルの説明

この1つ1つのピクセルは、それぞれ

  • Rが0〜255の256段階
  • Gが0〜255の256段階
  • Bが0〜255の256段階

の色の組み合わせでできています。
表現できる色は、それぞれの組み合わせで表現されるので、
256✕256✕256=約1,677万色
となります。
カラー情報チャンネルの白黒は、この0〜255を、

  • 0=黒
  • 255=白
  • 1〜254=その数値に応じた濃い〜薄いグレー

として表しています。

アルファチャンネルについて

アルファチャンネルは、保存した選択範囲や、作ったレイヤーマスクの情報が保存されるチャンネルです。

選択範囲を保存した場合

選択範囲を保存すると…

選択範囲を保存画面

アルファチャンネルに保存される。

選択範囲がアルファチャンネルに保存される

レイヤーマスクを作った場合

レイヤーマスクを作ると…

レイヤーマスクの作成画面

アルファチャンネルに保存される。

レイヤーマスクがアルファチャンネルに保存される

アルファチャンネルをドキュメントエリアに表示させるには

アルファチャンネルのグレースケール画像をドキュメントエリアに表示させるには、

アルファチャンネルの例

まず、表示させたいアルファチャンネルの[レイヤーの表示/非表示]をクリックして、アルファチャンネルを表示させます。

アルファチャンネルの表示/非表示

次に、合成チャンネル(RGB)の[レイヤーの表示/非表示]をクリックして、合成チャンネルを非表示にします。

合成チャンネルの表示/非表示

すると、ドキュメントエリアにアルファチャンネルのグレースケール画像を表示させることができます。

アルファチャンネルのドキュメントエリアへの表示

表示を合成チャンネルに戻すときは、逆の手順で戻します。

スポットカラーチャンネルについて

スポットカラーチャンネルですが、これはスポットカラー(DICPANTONEなど、特色と言われる特別な色)を使った、印刷用データを作る時だけに使う機能です。印刷の仕組みはまた別の記事で解説できればと思いますが、画像のどの部分に、どのスポットカラーを使うのか?を指示するものです。
下の画像の例では、「SPOT COLOR」という文字の部分をスポットカラーチャンネルに指定しています。

スポットカラーチャンネルの説明

画像加工を行う時には使わない機能ですので、ここではこれくらいの説明にしておきます。

まとめ

チャンネルの応用として一番便利なのは、やはりカラー情報チャンネルを利用した複雑な範囲の切り抜きだと思います。
詳しくは髪の毛はもちろん、さらに複雑なものまでおまかせ!チャンネルを使って写真を切り抜こう!をご覧ください。


TOP