media archive

なぜHTMLをしっかり記述する必要があるの?

本記事は、HTMLの書き方は知っているけど、いまいちHTMLをしっかり記述する必要性がわからないという方に向けて、その必要性を感覚的につかんでもらうための簡単な解説記事です。

本記事の内容
非表示

HTMLをしっかり記述する理由

普段私達ユーザーがWebを利用するとき、ブラウザでWebページ(HTML文書)を表示したり、検索エンジンの検索結果を利用したりと、何らかの機械を通じてWebを利用します。

そのため、
HTML文書→機械→ユーザー
という伝言ゲームをしている状態だと考えることができます。

なので、HTML文書(Webページ)の内容・情報を、最終的なユーザーにちゃんと伝えるためには、最初にHTML文書を受け取る機械に、その内容・情報を正確に伝えることが重要になります。
そのために、HTMLをしっかり記述する必要があります。

HTMLをしっかり記述することで、正確に伝言ゲームが伝えられ、最終的に情報を受け取るユーザーにとって、わかりやすい、使いやすいなど、利便性の高いWebの利用体験に繋げることができます。

HTML文書(Webページ)の内容は、機械を通してユーザーに届けられる。そのため、伝言ゲームと同じように、まず機械に対してWebページの内容・情報を正確に伝える必要がある。

最後に

HTMLを書くときの考え方の一つとして、title要素や見出し要素(h1〜h6)、section要素を本の構成に例えてわかりやすく解説!の記事もぜひご覧ください。

ホームページの制作、Webデザインから、
パンフレットやチラシなど紙媒体の制作、グラフィックデザインまで、
制作のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

制作のご依頼・ご相談はこちら
TOP
ホームページ(Webサイト)制作、パンフレット・チラシ等制作の
ご依頼、ご相談はこちら