MEDIA ARTICLE

Photoshopのレイヤースタイルを使ってみよう!

Photoshopのレイヤースタイルを使ってみよう!アイキャッチ

レイヤーには、レイヤースタイルという色々な特殊効果を設定できます。多くの特殊効果がありますが、ここではドロップシャドウという効果を例に、基本的な所をピックアップして解説しています。
また、複数の操作方法がある場合が多いですが、簡単な操作方法でのみ解説しています。

本記事の環境
OS
Mac OS
Photoshop versioin
CC2019(ver.20)
本記事の内容

動画での解説

下記動画は、この記事の動画での解説です。

以下で、テキストと写真での解説をしています。

レイヤースタイルとは?

レイヤースタイルとは、レイヤーやグループに設定できる特殊効果のことで、下記のような様々な効果があります。

レイヤースタイル一覧

レイヤースタイルの適用方法

レイヤースタイルを適用するには、レイヤーパネル上で、レイヤー名の後ろの空いている領域をダブルクリックします。

レイヤー名の後ろの空間

すると下記のダイアログが開きます。

レイヤースタイルダイアログ

ダイアログ左側で適用したい効果を選んで、ダイアログ中央で適用したい効果の詳細設定をします。
また、ダイアログ右側のプレビューにチェックを入れておくと、効果を確認しながら設定できます。

レイヤースタイルダイアログの説明

適用したい効果の設定後、OKをクリックすると適用されます。

今回は例として、テキストレイヤーにドロップシャドウを下記の設定で適用すると、

レイヤースタイルダイアログ:ドロップシャドウ

下記のように、文字に影をつけることができます。

  • ドロップシャドウ適用前
  • ドロップシャドウ適用後

レイヤースタイルのレイヤーパネル上での操作

レイヤーパネル上の表示

レイヤースタイルが適用されたレイヤーは、レイヤーパネル上で、「レイヤースタイルが適用されている」という意味でfxというマークが付きます。また、レイヤー名の下にレイヤースタイルが表示されます。

レイヤースタイル適用後のレイヤーパネル

レイヤースタイルの表示/非表示

レイヤーパネル上で、[効果]の左の目のボタンをクリックすると、そのレイヤーに対して設定した、全てのレイヤー効果を非表示にできます。
[ドロップシャドウ]のように、それぞれの効果の目のボタンをクリックすると、その効果だけを非表示にできます。

レイヤー効果の表示/非表示

レイヤースタイルの移動

レイヤースタイルは、fxマークをドラッグ&ドロップすると他のレイヤーに移動できます。

レイヤースタイルの移動

レイヤースタイルの消去

レイヤースタイルが適用されているレイヤー上で右クリックをすると、メニューが表示されるので、その中から[レイヤースタイルを消去]を選択します。

右クリックメニュー:レイヤースタイルを消去

レイヤースタイルのコピー&ペースト

レイヤースタイルは、コピー&ペーストで他のレイヤーに同じ効果を適用することができます。
まず、コピーしたいレイヤースタイルが適用されているレイヤー上で右クリック、[レイヤースタイルをコピー]を選び、

右クリックメニュー:レイヤースタイルをコピー

次に、レイヤースタイルを適用したいレイヤー上で右クリック、[レイヤースタイルをペースト]を選ぶと、

右クリックメニュー:レイヤースタイルをペースト

コピーしたレイヤースタイルを適用できます。

効果の表示をたたむ

Fxマークの右の矢印をクリックすると、効果の表示をたたんで、レイヤーパネルの見た目をスッキリさせることができます。

レイヤー効果表示のたたむ/展開

TOP