MEDIA ARTICLE

ペンツールを使ってみよう!

ペンツールを使ってみようのアイキャッチ
本記事の環境
OS
Mac OS
Photoshop versioin
CC2019(ver.20)
本記事の内容

動画での解説

下記動画は、この記事の動画での解説です。

以下では、テキストと写真で補足説明をしています。

ペンツールとは?

ペンツールとは、クリックとドラッグで自由に線や図形が描けるツールです。

ツールバー:ペンツール

そのため、円や四角など単純な形ではなく、複雑な形を描く際に使用します。

ペンツールで図形を描く例

ペンツールで描かれた図形の、点のことをアンカーポイント、線のことをセグメントと言います。

アンカーポイントとセグメント

ペンツールで描いた図形はベクトル画像(シェイプ)もしくはパスとなります。

「シェイプ」は他のシェイプツールの図形と同じように、描いた図形がシェイプとなります。
「パス」ですが、これは選択範囲を作ったり、ブラシツールの軌跡として使うなど、後で利用するために作る、線だけの情報です。
アンカーポイントの追加ツール、アンカーポイントの削除ツール、アンカーポイントの切り替えツールも含めて動画で解説しています。

最後に

ペンツールで複雑な形を描けるようになれば、綺麗な切り抜きをする際にも役立ちますので、ぜひトライしてみてください。


TOP