media archive

ペンツールで写真を切り抜こう!

写真の切り抜きには様々な手法があり、自動化もかなり進んでいますが、なかなかこれ一つで完璧!みたいなツールやサービスがないのが現状です(記事執筆2019年3月時点)。

そこで役に立つ方法の1つが、ペンツールでのパスを使った切り抜きです。

本記事の環境
OS
macOS(CPU:Intel)
対応Photoshop ver.
2021〜2019

2021以降のプロパティパネルは、2020以前では属性パネルという名称です。

本記事の内容
非表示

動画での解説

下記動画は、この記事の動画での解説です。

以下では要点のみ解説しています。実際の切り抜き操作は動画をご覧ください。

ペンツールでのパスを使った切り抜きが必要な場面

例えば下のような写真は、服と背景、椅子が同系色のため、自動系のツールで完璧に切り抜くのが難しいです。

ペンツールでの切り抜き前の写真

そのため、このような被写体と背景のコントラストがない時に、ペンツールでのパスを使った切り抜きを行います。

補足

ペンツールの使い方について詳しくは、ペンツールを使ってみよう!をご覧ください。

パスとパスの操作について詳しくは、パスの操作に慣れよう!Photoshopでのパスとパスの基本操作についてをご覧ください。

ペンツールでの切り抜きのメリット・デメリット

ペンツールでの切り抜きのメリット・デメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • 綺麗に切り抜ける

【デメリット】

  • 時間がかかる
  • 境界がはっきりしていないと切り抜けない(ピンぼけや髪の毛など細かすぎる部分を切り抜くのが困難)

最後に

時間はかかりますが綺麗に切り抜くことができるため、個人的にはペンツールでの切り抜きはよく使っています。

髪の毛の切り抜きや、その他複雑なものの切り抜きについては、下記の記事をご覧ください。

ホームページの制作、Webデザインから、
パンフレットやチラシなど紙媒体の制作、グラフィックデザインまで、
制作のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

制作のご依頼・ご相談はこちら
TOP
ホームページ(Webサイト)制作、パンフレット・チラシ等制作の
ご依頼、ご相談はこちら