media archive

覆い焼きツールと焼き込みツールを使ってみよう!

本記事の環境
OS
macOS(CPU:Intel)
対応Photoshop ver.
2021〜2019

2021以降のプロパティパネルは、2020以前では属性パネルという名称です。

本記事の内容
非表示

動画での解説

下記動画は、覆い焼きツールと焼き込みツールを使った補正の様子です。

以下では、テキストと画像で補足説明をしています。

覆い焼きツール、焼き込みツールとは?

覆い焼きツール、焼き込みツールとは、画像の明るさを調整するツールの一つです。主に細かい調整時に使うと便利なツールです。
「覆い焼き」「焼き込み」というのは、フィルム写真を暗室で現像する際に使われる暗室技術のことですが、それを擬似的にデジタルで再現したものです。
覆い焼きツール、焼き込みツールはその変化を言葉で説明するのが難しいのですが、ざっくり言うと覆い焼きツールは明るくするツールで、焼き込みツールは暗くするツールです。どのような効果なのか、詳しくは動画を見ていただければと思います。

ツールバー:覆い焼き、焼き込み

覆い焼きツール、焼き込みツールの特徴は、オプションバーの「トーンを保護」オプションを選択することで、色相の変化をある程度防ぎながら補正ができるところです。

オプションバー:トーンを保護

ブラシでなぞるように明るさ/暗さを調整できるので、細かい所も調整でき、便利なツールです。機会があればぜひ使ってみてください。

ホームページの制作、Webデザインから、
パンフレットやチラシなど紙媒体の制作、グラフィックデザインまで、
制作のご相談やお見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

制作のご依頼・ご相談はこちら
TOP
ホームページ(Webサイト)制作、パンフレット・チラシ等制作の
ご依頼、ご相談はこちら